Topics トピックス

飲み口までガラスでできたガラス製ラムネ瓶

2021年07月14日

先日扱った単元は水溶液


溶質、溶媒、溶液を学ぶのに


ガラスのラムネ瓶を使って、


自家製化学ラムネを作ろう!と


カメラの前で実演します


 


ちなみにオンライン生放送の10分前に冷え冷えの


物を実際に自分で飲んで空き瓶を作っています(笑)


 


期末テストで学んだガスバーナー調整ねじとは真逆の


「左ねじ」仕様である事を一緒に驚きながら


プラスチックキャップをどアップで開閉


 


中のビー玉ならぬ、「A玉」とゴムパッキンの


見事な構造を理解し、重曹とクエン酸の不思議な化学反応を


おいしく味わう魅力を伝えます。


 


「この実験はペットボトルでもできるねん、でもさ、


ガラスのラムネ瓶だからこその”音”や”重さ”そして”旨さ”を


感じれる人はきっと人生もハッピーです!


あとはみんなの行動力と好奇心!」


 


チャット欄で


「夏休みの自由研究のテーマが決まりました」


との事


 


夏は、夏ってだけで、


やっぱり何か特別な事をしなくちゃね!!


 


追記:飲み口のプラスチックもガラス製の


本物のラムネ瓶は非常に入手難です。


現存するのは国内に500本程度との事。


素敵な自由研究、成功するといいですね。


 


学研OnAIR 理科、イング鴻池校担当 溝端