Topics トピックス

よいスマートフォンとの付き合い方。(姫野、定期テスト得点アップ)

2021年10月22日

450点を上回った。

前学年の学年末テストの結果が400点に達していないところからの成績向上。

「テストよかったやん!」
で終わらせることがなく、大事なことは一度の結果で終わらせないこと。
イング鴻池校では定期テストが終わった後、
振り返りの面談を実施しています。

特に成績向上した生徒の面談も大事で成績が上がったからこそ
いったん立ち止まって振り返り、点数が上がった要因を一緒に
確認します。

彼女の成績アップの秘密は「スマートフォンとの付き合い方」に
あったようです。

中学生なら保護者の方の悩みの一番ともいえるかもしれない
スマートフォンを使ってだらだら過ごす子どもたち。

保護者の方と話し合って制限をかけていることもよいことだと思いますが
勉強に役立つアプリを上手く使って集中時間を作り出しているとのことでした。

「自分が集中している時間が見えて頑張った時間が増えると嬉しいんです」

彼女は笑顔で話してくれました。

全国でGIGAスクール構想により生徒一人一台タブレット貸与の時代。
地域の盾津中学においても例外ではなくロイロノートというアプリも
上手く使い授業で活用されているとのこと。
今後ますますスマホ、タブレットを使っての勉強が大事になっていきます。

新時代の勉強法。
スマートフォンに生活リズムを乱されるのではなく、
スマートフォンを使うことでよりよい生活のリズムを
作っていける練習を大人になる前から始めていきたいものです。


<進路アドバイザー検定合格認定>
イング鴻池校 校舎長 姫野 武士