こども英才スクール天王寺校

Topsメイン画像 Topsメイン画像 Topsメイン画像
Topsメイン画像 Topsメイン画像 Topsメイン画像

Courseコース紹介

こども英才

コース説明
こども英才スクールは小学校受験を目指すご家庭の年中児と年長児を指導対象にした少人数制の教室です。
こども英才の特色は高い合格率と、小学校生活で活かせる学習習慣をしっかり身につけます。躾教育にも力を入れております。授業は会話を積極的に取り入れた対話型です。言葉を育てることや、イメージ化する能力開発にも重点をおき、アクティブラーニングなど21世紀型教育に通用する英才教育を目指す教室です。

Principal 校舎長ご挨拶

メモリング

こども英才スクール天王寺校

総責任者  松崎 裕一

 イングが目指している生涯教育機関の中で入り口の部分にあたる幼児を対象に教育活動を展開している部署がイングこども英才スクールです。
 イングでは幼児を対象にした部署が2つありますが、イングこども英才スクールでは小学校受験を目指される方を対象にした指導を行っています。
 小学校受験への合格は勿論ですが、目前の受験結果だけを追い求めるのではなく、将来に役立つ基礎基本が受験を通して身につくよう指導しております。
 9歳までの教育が人格形成の土台を築く重要な時期です。その視点で見ると幼児期の教育は本当に重要であることがお分かりいただけると思います。小学校受験をきっかけに、お子さんに本当に必要な力を授け、立派な人間に成長できるようサポートしたいと考え、躾やお友達との関わり方などを活動を通して指導します。
 また、近年の私立小学校の開校が活発化する一方で、学級崩壊や学校崩壊などが低年齢化し子供達を取り巻く環境が変化しています。大切なお子さんにどのような環境を与えればよいかなど、個人に適切な進路を提案するプロデュース型の進路指導を実践しております。
 イングこども英才スクールでは「一人一人を大切に」をモットーに、少人数制で目を行き届かせた指導を実践し、お子さんは勿論のこと保護者の方と共に考え、共に成長する喜びを感じられるように努めております。ぜひ一度体験授業にご来校下さい。

  イングこども英才スクール 総責任者 松崎 裕一

Topicsトピックス

ブランド 2017月06年24日

話を聞く力

 


先日、出張授業に行っている幼稚園で打合せがあり、予定より早く終わったので上階にある附属小学校に顔を出してみました。


 


生憎、校長先生は不在にしておられました。私のもう一つの目的として、昨年、京橋校で受験対策でお子様を託してくださっていたお母さん先生を訪ねることでした。幸運なことにバッチリのタイミングで再会することが出来ました。多忙なのでイング卒業後はお会いすることが出来ず、お子様の制服姿を拝見することも出来ずの状態で、近況報告から始まり立ち話に花が咲きました。


 


その中でこれから受験を目指すこども達や保護者の方に有益な話があったのでご紹介したいと思います。お母さん先生は、我が子の子育てと、勤務先の小学校で1年生の担任と学年主任をされているという視点での話です。


 


開口一番、今になって松崎が言っていたこと、本当に話を聞く力は短期間で身につかないということを実感しているとのことでした。お母さん先生のお子様はイングで1年半お預かりをしました。この1年半という時間をかけて築き上げた聞く力と、数か月の短期で身につけた聞く力は入学後の授業での理解力に歴然とした差となっているということでした。中には授業ペースについていくのにしんどさを感じる場合もあるそうです。我が子の学校生活と教員として日々指導していて感じることが見事に同じであり、準備の仕方が重要ということでした。それは入学試験に合格すればよいでなく、小学校生活に活かせる準備をすることの違いと言えるでしょう。5月に参加した近畿大学附属小学校で拝聴したお話の中でも同じことを強調されていました。また以前、他校の小学1年生を担任されている先生と話した際にもとにかく話を聞ける生徒が欲しいと言っておられたことを覚えています。


 


競争倍率が高い附属天王寺小学校の入試でも聞く力をかなり高いレベルで要求されていることも同じと言えるでしょう。私立小学校では受験者数が減少し、合格し易くなっていることは事実です。そのことで受験準備を短期間でしようとする方が多くなっています。でも、よく考えて頂きたいのは入学後にお子様が授業についていくのにしんどくならないよう、確実に成長するために必要な就学準備をしておくということです。


 


そういった意味でも幼児教室での授業の取り組み方や指導方針によっては、こども達の成長具合に大きな影響を与えるのは確実だと思います。今いちどよく吟味される必要があるのではないでしょうか。


 

もっとみる

ブランド 2017月05年24日

近畿大学附属小学校 教育関係者対象入試説明会

 


昨日、近畿大学附属小学校で実施されました教育関係者対象入試説明会に参加して参りました。
この4月から就任された森田 校長先生のご挨拶から始まりました。こども達をかけがえの無い大切な存在と思い、健やかな成長をサポートしていく強い志を感じました。そして素敵な大人に成長できるよう責任をもって学校生活を送らせたいというお話に大変共感致しました。その後、教務部長兼、入試広報担当の村上先生より入試概要の説明に加え、外山先生より入試問題を説明して頂きました。今年は内部幼稚園生の数が少ないので、一般生枠が85名と多くあるそうです。


説明をお聞きしての私の見解は以下の通りです。
普段の授業時に伝えていることが出来ていれば全く心配することがないと確信しました。頂戴した資料に記載されていた「小学校受験に合格するための勉強でなく」、「小学校に入学してから伸びるための勉強」ということです。小学校入学後に活かされる力を身につけることが入学準備ということです。これは他校でも共通して言えることです。
 その後、全学年の授業参観をさせて頂きました。成長したイング卒業生に会えました。生き生きとした姿に会えるのは本当に嬉しい限りです。音楽の小野先生の授業はやはり素敵でした。こども達の心を掴んでおられるなと感じました。
 最後に成虫になったばかりのホタルを観賞させて頂きました。120匹羽化したとか。実際にホタルを見るのは久しぶりでした。
 今回の学校訪問で印象に残ったことは、とにかく先生方が明るく元気があることです。福山先生、木原先生が校長先生をされていた時代の近畿大学附属小学校を思い出しました。


もっとみる

ブランド 2017月05年22日

模擬テストを終えて

 


昨日、午前中に年長児対象第4回小学校受験模擬テスト、午後からは第2回附属天王小チャレンジテストを実施しました。
 テストを受験したお友達は、お家で立ててきた目標を頑張ることができましたか?


 


私がこども達の様子をみていて感じたことを紹介します。


 


元気よく声を出そうとしているお友達。来室時から元気な挨拶ができていました。


 


待っている時の態度や話を聞く態度に注意しているお友達もいました。


 


この意識的な行動が成長にとても重要です。


 


また絵画テストでは、全員が人物を上手に描けていました。日々の取り組みの成果が現れていました。あるお友達は、こいのぼりの鱗に6色のシールを12個貼る課題で、指示された縦、横、斜めに同じ色が並ばないようにすることを、規則性を考えシールを貼っていました。本当に驚きと感動しました。


 


テストが予定より 順調に進んだので、模擬面接をやって見せて、その様子についてこども達に発表してもらいました。アクティブラーニングによる学習です。良い例と悪い例の区別が認識されていました。またその理由を発表することもできていました。いつも一方的に伝えられることが多いのですが、この様に他人が面接してる様子を見ることで客観的に捉えることができ、いつも伝えられていることがより理解できます。また発表することで言葉の力も育ちます。やはり感じること、心に響くことはとても重要ですね。


 


午後からのチャレンジテストは2回目の実施となり、1回目の経験が活かされていると感じることが出来ました。チャレンジテストは本番の形式をそっくりで実施しています。プリントの書式、実技テストの実施方法などに慣れる目的が含まれています。前回は不慣れな面を感じることが多く見受けられましたが、今回は解消されていました。こども達の吸収力に驚かされました。本当にこども達は凄いですね。こども達がテストに取り組んでいる間、保護者を対象にテスト問題の解説を実施して出題の狙いや、解答法を解説した後、今回のテーマである出題傾向についてお話しました。問題解説では実際に問題に取り組んで頂くこともしました。こども達の気持ちをわかった上で声のかけ方(認め方、誉め方、課題の伝え方)などもお話させて頂きました。過去6年間に遡り傾向分析をすることで学校の求めていることを知ることができたことと思います。


 


次回のチャレンジテストは611日の実施です。時間は13時30分から15時30分です。模擬テストは72日の実施です。時間は10時から12時です。新たな目標設定をして頑張ってください。


 

もっとみる

一覧を見る

School 校舎詳細

校 舎 名

こども英才スクール天王寺校

開 講 情 報
対   象

幼児 / 小学

在籍者学校一覧

電 話 番 号

06-6773-9126

最 寄 駅

JR【天王寺】 地下鉄御堂筋線【天王寺】 地下鉄谷町線【天王寺】 近鉄【大阪阿部野橋】
◆各線より JR「天王寺」駅北口へ ・JR「天王寺」駅 中央改札口 より徒歩3分 ・地下鉄 御堂筋線「天王寺」駅 7番出口より徒歩5分 ・地下鉄 谷町線「天王寺」駅 より徒歩5分 ・近鉄「大阪阿部野橋」駅より徒歩6分

住   所

〒543-0055
大阪府大阪市天王寺区悲田院町8-22 ニッセイ天王寺ビル8F

講師募集